未分類

【要約】世界累計3000万部以上売れている「七つの習慣」ってどんな本?

7つの習慣 の要約

こんにちは!小谷リョウです!

今回ご紹介する「七つの習慣 」は1989年に出版されたビジネス書のベストセラーで、

全世界3,000万部、国内では180万部を超え、今も多くの人に人生哲学の定番として読まている本です。

1.7つの習慣はどれくらい売れている?

この7つの習慣は私立の中学校や高校をはじめ企業としても取り入れている所は少なくありません。ビジネス書ですが、経営者や会社員はもちろん主婦の方や、学生、あらゆる人の役に立ち学ぶことがある本だと思います。

・この本はどんな本?

2.7つの習慣の概要1

この本の著者である「スティーブン・R・コヴィー」博士は、自分の人生を豊かにしたり長期的に成功するためには、話術や心理学と言った小手先のテクニックを磨くのではなく、もっと根本的な自分自身の人格・内面を磨く必要があると提唱しています。

もし小手先のテクニックだけで接していると相手に不信感が生まれることで信頼がなくなってしまうわけです。

内面を磨くことで精神的に安定し、自身に満ち、ストレスも溜め込まず、相手にも信頼してもらえるようになり色々な物事が上手く進むようになります。

そんな自分を高め、人生に役立つエッセンスが凝縮されているのがこの7つの習慣です。

・7つの習慣のおおまかな概要

7つの習慣はそれぞれどういう習慣かというと…

(依存から自立)

第一の習慣:主体的である

第二の習慣:終わりを思い描くことから始める

第三の習慣:最優先事項を優先する

(自立から相互依存)

第四の習慣:Win-Winを考える

第五の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

第六の習慣:シナジーを創り出す

(自己を高める)

第七の習慣:刃を砥ぐ

という内容です。

実はこの習慣は大きく分けて3つのステップに別れます。

第一〜三の習慣は他者の依存から新の自立を目指すステップ。

第四〜六の習慣は自立から相互依存を目指すステップ。

第7の習慣は自分を磨くステップ

というような感じです。まずはそれぞれのステップごとに大まかに解説していきます。

依存から自立

3.7つの習慣の概要2

7つの習慣のうち1、2、3の習慣は他者からの依存から脱却して自分を自立させ成長させるプロセスです。

この1、2、3の習慣を学ぶことで「自分を信じる力」が向上します。

自分の価値観に基づいて生活することができれば、他人の意見に流されることなく、それが本当に正しいかどうかで物事を判断できるようになる訳です。

真の自立を達成することで次のステップである相乗効果を生み出す環境の土台作りが出来上がる訳です。この自立から達成したら次に目指すのが「相互依存」です。

自立から相互依存

4.7つの習慣の概要3

相互依存ってなんか聞き慣れない言葉ですが、要するに他者と相乗効果を作り上げる!ってことです。自分ひとりで出来ることは限られているというのはあなたも周知のとおりだと思います!

そして4、5、6の習慣はチームワークや協力関係・コミニケーション力を養うことで相互依存を目指すプロセスを解説しています。4、5、6の習慣を学び取り入れることで、良い人間関係はさらに改善され深く、創造的で新しい発見に満ちたものになるとコヴィー博士は語っています。

自己を高める

5.7つの習慣の概要4

第7の習慣は自分を磨くことについて書かれています。

1から6の習慣を常にアップデートして磨くことで真の自立と効果的な相互依存の土台を作ることができるようになるんです。

この7つ目の習慣は人格の土台になり問題解決力がつき、チャンスを最大限に活かし、それを生活の中に取り入れるための地図となる習慣といえます。

7つの習慣のおおまかな概要まとめ

6.7つの習慣の概要5

このように依存から自立し、自立から相互依存を目指し、自分を磨くという大きく分けて3つのステップで構成されているのが7つの習慣なんです。

このことを頭に入れながら各習慣を聞いてもらうと更に理解しやすくなると思います。それではメインの各習慣の要点を解説をしていきます!

・7つの習慣解説

2.7つの習慣の概要1

それではそれぞれの習慣を解説していきます。

・第一の習慣 主体性を発揮する

7.7つの習慣の第一の習慣

この第一の習慣は主体性を発揮するという習慣です。この習慣で大切なキーワードは主体的か反応的かと言うことです。

反応的な人は他人の欠点、その時の感情や周りの環境や条件等に左右されてしまいます。でももれって自分でコントロールできないことですよね。それでもこのコントロールできないことに愚痴を言ったり、非難したりするわけです。

一方、主体的な人は自分の考えをしっかり持ち、選択し自分の価値観によって行動しているので人の意見にも左右される事はありません。

他人の欠点、その時の感情や周りの環境や条件等に左右されないので自分の人生を自分でコントロールできるようになるんです

このような行動を続けていると難しい状況に対応する力も高まりますし自分で物事を選択できるようになるんです。

誰かに依存している状態から心を独立  させるには主体性を発揮しようというのが第一の習慣の内容になります。

・第二の習慣目的を持って始める

8.7つの習慣の第二の習慣

第二の習慣は目的を持ち行動することの重要性について説かれています。

人生の最後の姿を想像してそれを念頭におきながら、今日、明日、来月、1年後の行動を計画しようと言うことです。

自分の人生の目的を明確することができれば、毎日の活動が人生全体の目標に対して有意義なものになります。

コヴィー博士は本当に大事なことを見失って取り返しのつかない過ちや判断をしてしまう人が大勢いると語っています。

例えばブラック企業などで忙しい毎日を送っていても実はその苦労し苦しんでやっている会社での仕事は、実は自分の最終的な目的や目標とは何の関係もなかったりする訳です。お金を稼ぐのが理由ならその会社じゃないといけないという理由はないですよね。

ですから自分にとって何が本当に大切なのかを理解し毎日行動するには目標が大事です。

目標を持てば自分にとって何が大事なのかをベースに行動することができるので人生を大きく変えることが出来ます。まさに目標は人生のコンパスなんです。

目標をどうしたら持てば良いのか分からないという方は僕が以前投稿した「思考は現実化する」の動画がヒントになると思います!概要欄に貼っていますのでぜひ視聴してみてください。

・第3の習慣重要事項を優先する

9.7つの習慣の第三の習慣

第三の習慣は重要事項を優先するという習慣です。

日々の活動を重要か重要でないかと緊急かそうでないかを分けてみたらこうなります。

これは時間管理のマトリックスと言うのですが、

緊急で重要なのが第一領域で締め切りやクレーム処理などが当てはまります。

緊急ではないが重要なのは第二領域で人間関係づくり、準備計画、勉強、自己啓発などが当てはまります。

緊急で重要でないものが第3領域で突然の来訪や電話、多くの会議、無意味な接待などが当てはまります。

緊急でもなく重要でもないのが第4領域でとなります。暇つぶし、単なる遊び、テレビや長電話などがあります。

成功している人は第二領域に時間を費やしています。

一方成功していない人は第4領域に時間を費やしています。なんとなく分かる気がしませんか?

人生にとって時間は有限なので第3第4領域のことは「しない」。

さらに第3領域は緊急ではあるんですけど重要ではないので「ノー!」と言えるようにならなければいけません。これが重要事項を優先するということです。

この重要なことを優先することができれば自分が大切にしていることに対して時間をかけて質の高い人生を送ることができるようになります。結果自分が求める成果を得ることができるようになるんです。

この1から3の習慣を学び取り入れることができるようになれば本当の自立した人になることができるんです。

まずは1〜3の習慣を取り入れて自立した人になることを目指すのが第一のステップになります。

・第4の習慣win winを考える

10.7つの習慣の第四の習慣

第4第5第6の習慣は自立から相互共存の相乗効果状態を目指すステップになります。

その第一ステップが第4の習慣winwinを考えると言うことです。

winwinにある関係というのはみんなが心から納得していて、その後全員の考えが一致した行動計画を皆が心から実行しようと決心しているそんな状態です。考えただけでも凄い成果を生み出しそうですよね!

このWIN-WINを実現するためには勇気と思いやりのバランスが必要だそう。

例えば自分に勇気があっても思いやりに欠けていたらこちらの一方的な意見だけ取り入れられるのでWIN-ROSEの形になってしまいます。

逆に思いやりの気持ちはあっても自らの提案することができないと言うような勇気が欠如していると相手側の意見ばかりが採用されるのでROSE-WINの形になってしまいます。

なので勇気と思いやりのこの勇気と思いやりの両方を高めることがwinwinの実現には必須の考えなんです。Winwinの関係を模索し意識していくことが大切です。

・第5の習慣理解してから理解される

11.7つの習慣の第5の習慣

第5の習慣は理解してから理解されるという習慣です。

コミュニケーションのカギは相手の理解に努めてその後自分を理解してもらうということです。

話をしているときに多くの人は相手を理解しようとしているのではなく答えようとして聞いているのだそう。

心から相手の立場に立って物事を考えることで相手の考え方を理解し相手と同じ気持ちを感じ取れるようになります。

そして相手の気持ちになって考えて、それじゃあ自分はどうできるかを考えてお互いがwinwinになれるかを提案することが大事なんです。

お互いがこの第5の習慣を学んでこそ、心から気持ちよく会話ができるようになるのだと思います。

・第6の習慣相乗効果を発揮する

12.7つの習慣の第六の習慣

第6の習慣は相乗効果を発揮するということです。

コヴィー博士はこれまで話してきたすべての習慣は相乗効果の軌跡を作り出す準備に過ぎない!というほどです。

この相乗効果状態で効果的にコミュニケーションが展開されると、第3の案や新しい可能性やがどんどん生まれるようになります。

もし意見が食い違ったりしても自分と相手の視点に立ち、お互いが利益を得る第三の案を生み出したりすることができるんですね。

この相乗効果を発揮するには当事者みんなが1から5の習慣を持ち合わせて発揮している必要があります。

自分だけではなく相手もこの習慣を持ち合わせている必要があるのでかなり本当の相乗効果を生み出すのはめちゃくちゃ難しいと思います。でも目標となるこの状態を目指して僕も人間関係を構築したりチームを作っていきたいなと思います!

・第7の習慣は刃を研ぐ

13.7つの習慣の第七の習慣

第7の習慣は肉体的、精神的、知的、社会情緒的のそれぞれの能力を伸ばし個人の刃を研ぐいで目標達成能力を向上させようという習慣です。簡単に言うと自分に投資しようということです。

コヴィー博士はこの自分に投資するということが人生で唯一最大の結果を生み出す投資なのだと語っています。

人生に立ち向かいその人生に貢献するためには定期的に刃を研ぐ時間を取らなければいけないんです。

バランスのとれた食事や運動休養で肉体を磨き、読書やセミナーやスクールなどで精神や知性を磨き、多くの人と接する活動を通して社会情緒的側面を磨きます。この4つの能力全てをバランスよく磨くことで他の6つの習慣の効果も最大限に発揮することができるようになるんです。

・七つの習慣まとめ

14.7つの習慣まとめ

以上が7つの習慣ついての解説でした。

この7つの習慣を生活に取り入れて実践できるようになれば真に自立して人生をよりよく生きていけるまさに人生哲学が詰まった本だと思いました。生活していく中で何度も読み直して自分のものにしていきたいなと思いました。

あなたの中に「生き方の地図」はりますか?もし無いのであればぜひ読んでこの7つの習慣を生き方の基本の地図として取り入れ実践してみてほしいなと思います。

自分は7つの習慣を生きているのか、ということを自分に問いかけながら読み進めるといろんな気づきを得られる本です!